読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まなきのなるようにするさ!

ミニマリストの途中。服飾専門学校卒でアパレル業界勤務経験アリ。洋服のお手入れ、お直し、心や部屋のお掃除の話など徒然。

予想外の手荒れに悲鳴!クエン酸をエコ掃除と侮るなかれ!注意すべき点とは?

f:id:manakiteruko:20160704001749j:plain

f:id:manakiteruko:20160704001750j:plain

f:id:manakiteruko:20160704001751j:plain

f:id:manakiteruko:20160704001748j:plain

 

昨日は重曹クエン酸を使ったステンレス掃除をご紹介し、
たくさんの方にアクセスいただきました!
ありがとうございます!!

記事はこちら

manaki.hatenablog.com

 

実は昨日の夜、台所のシンク周り・蛇口も
同様の方法でせっせとお掃除をしておりました。

 

さて、すっきり!
と思って最後に手を洗っている時、
まさに4コマのてるこ的な事件が起きたのです。。

 

何じゃこりゃあああああ!!!

 

手の平の皮が魚の鱗のようにベロベロと剥けていたのです。。
特に指先辺りがひどく、手の平一面、ひどいことに。。

 

洗っても洗ってもぬるぬるするし、
拭いても拭いても皮はどんどん剥けていって。。

 

涙目、です。。

 

ということで、同じ思いをしてほしくないので、
しっかりお話したいと思います。

 

クエン酸は肌に優しいから安心!には要注意!

 

これは確実にクエン酸重曹か、合わさった何かのせい、
と思ったので、必死に検索。

 

クエン酸 指が」
クエン酸 指が 重曹
クエン酸 重曹 手荒れ」

 

等、半泣きでとにかく調べまくりました。

 

やっと、これだ!と思う原因が発覚。

 

結論から言うと、クエン酸などナチュラル素材でも手荒れが起きます。

なぜなら、タンパク質変性が起きるからです。

 

酸性やアルカリ性の物質はタンパク質変性作用を起こします。

皮膚のタンパク質が壊される現象で、軽い火傷のようなものです。

 

さらに詳しい内容は、上記の引用元のこちらをどうぞ。

news.affigelist.net

 

クエン酸が原因で手荒れ、肌荒れの可能性がある!

 

まさかクエン酸で手荒れ、肌荒れしてしまうなんて。。
衝撃でした。。

 

エコ掃除だからと油断していて、
全て素手(ゴム手袋無し)で作業していました。

 

昨日は今までより長時間頑張って掃除していたのと、
以前長時間掃除していた時はお酢を使っていたから、
こんなことになるなんて想定外でした。。

 

しかし、その理由を読んで納得しました。

 

掃除はいつもゴム手袋をつけているから大丈夫!
という方はまずこうなることはないと思いますが、
私のように素手で掃除する方にはぜひ注意していただきたいです。

 

でも、手で直接触ることで、ザラつきや、汚れ落ち(つるつる感)等が分かるので、
やっぱり次回も素手で触ることになりそうですが、
今回の反省をいかして、メインの作業はゴム手袋着用、
要所要所の確認作業は素手で、というように使い分けようと思います。

 

クエン酸とお酢、ここにきてお酢のメリットを感じる

 

ということを踏まえて、お酢では肌荒れをしたことがなかったので、
肌への負担を考えると、実はお酢の方に軍配が上がるかも?と感じました。

 

でも、お酢はお酢で、なんとなく手がかゆく?感じるようなこともありました。

 

この辺りは体質や、何を優先させるかで個人差があると思うので、
(ゴム手袋やマスクをすればどちらも差がない!かもしれませんが、、)
ご自身に合う道具・方法でお掃除するのが一番ですね。

 

クエン酸の肌荒れは入浴後、ほぼ解消された

 

でもそんな中、入浴剤はめげずにこちらを使用して入浴。

manaki.hatenablog.com

 

「キレイになってーーー」
と祈るように、指を撫でつつ湯船に浸かりました。

 

お風呂上がりに確認すると、
ほぼ皮剥けは目立たなくなっていました!

 

指紋がなくなったのでは?と思うほど、
指先はつるつるになりましたので、
一安心です。

 

まさに「一皮剥けた」です。。

 

あーよかったーーー

 

まとめ

ということで、今回のヒヤヒヤ事件で学んだのは、
「エコ掃除・エコ洗剤であっても肌に優しいとは限らない」
といこうこと。

 

それに、クエン酸は酸性なので、
塩素系の洗剤と合わさると有害ガスが発生するなど、
混ぜ合わさることで危険になるものもあります。

 

エコな素材であっても、何かしらリスクがある可能性もあること、
今後、より一層注意したいと思いました。

 

皆さまもお掃除の際には、このようなことのないよう、
くれぐれもお気をつけくださいませ!

 

では、今日もここまでお読みいただき、
ありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村