まなきのなるようにするさ!

ミニマリストの途中。服飾専門学校卒でアパレル業界勤務経験アリ。洋服のお手入れ、お直し、心や部屋のお掃除の話など徒然。

節約命時代の光熱費と健康維持費を兼ねた今の比較

f:id:manakiteruko:20180110001046j:plain

f:id:manakiteruko:20180110001058j:plain

f:id:manakiteruko:20180110001105j:plain

f:id:manakiteruko:20180110001108j:plain

 

光熱費の節約って、気にしてますか?

お金のことだけじゃなく、エコの意味でも、

無駄使いしないようにしている方は多いはず。

 

私は以前も何度かちらっとお話しした通り、

かなり、ストイックに節約してきた過去があります。

manaki.hatenablog.com

 

過去の電気代・水道代・ガス代と辛かったこと

 

ストイックだった7年前の冬(12月)の光熱費を公開。

 

電気代・・・約2000円

水道代・・・約1500円(2ヶ月で3000円)

ガス代・・・約3000円

 

いかがでしょうか?

(ちなみに東京都で一人暮らしです。)

もっと頑張ってる方もいらっしゃるでしょうけど、、

 

当時、とにかく節約!という意識でいたので、

気をつけていたことは以下の通り。

 

・エアコンはほとんどつけない

・どんなに寒くても湯船は溜めずシャワーのみ(しかも朝)

・なるべくお湯を使わない(手がどんなに冷たくても)

 

細かくお話していきます。

 

水道代節約!ガス代節約!のため、

お湯をたくさん使う湯船は、

一切溜めませんでした。

シャワーを浴びるのみです。

 

更に私はクセ毛で、寝グセも付きやすいタイプのため、

夜に髪を洗って寝ると、翌朝何をしても直らない、、

ということがあるため、

そういった面から朝シャワーを浴びていました。

 

夜はメイクだけ落とし、

そのまま就寝して、

朝にシャワーを浴びる、という生活でした。

 

それは、どんなに暑い夏も汗をかいた体のまま寝ることであり、

どんなに寒い冬も体が一切温まらないまま出かけることでもありました。

 

夏はせいぜい朝まで汗が流せず気持ち悪い程度で済みましたが、

冬の冷えが辛かったです。

 

当時は節約のため、エアコンもほとんどつけずにいましたから、

室内はものすごく寒くて。

室温10以下で室内でも息が白い、、なんてこともありました。

 

そんな真冬の朝、

熱めのシャワーを浴び、

上がった途端に体は冷え、

髪の毛を乾かしてもどこかひんやりしたまま、

仕事に出かけていました。

 

特に手足の末端は常に冷たく、

暖房が効いた会社のデスクでも寒すぎて、

足の冷えによさそうと思い、

小さめのダンボールを足元に置いて、

そこに足を入れて暖を取ろうとしたり。。

 

当然ながら常に凍ったように手足は冷たかったです。

 

冬はとにかく重ね着しまくって。

ヒートテックやフリースを重ねて、

フリースのブランケットにもくるまって。

 

ホットカーペットも敷いていましたが、

電気代を気にしてほとんどつけなかったので、

「ただのラグ」と化していました。

(数年前に処分済み)

 

電気代の安い電気毛布を購入して、

カーペット代わりにしたり、

寝る前の冷え切った布団を温めたり

椅子に座る時に膝に掛けたり。。

 

 

このような敷き掛け兼用のタイプがいいと思いつつも、

選択肢が少なかったこともあり、私は敷きタイプを愛用してます。

(敷きタイプなのに当初膝にかけたりしてましたが、

 今はおとなしく敷くのみにしてます、ちゃんと。。)

 

こだわったポイントとしては、

・綿100%

・丸洗いでいる

・ダニ退治モードがある

でした。

 

で、おそらく私の使っているものの新型がコレ。

(私のはホールマークの花柄のです、6年前?くらいの)

同じKOIZUMI製で、条件がほぼ同じなので。

サイズ感が小さめで扱いやすくていいですよーーー

ホットカーペットの1/10とも言われる安い電気代。

偉大です。。

そして、優しいあったかさ。。

 

あまりに寒すぎて、でもエアコンが古すぎて効かなかったもので、

加湿機能付きのヒーターを買いましたが、

電気代が気になるし、部屋全体は暖まらないしで我が家には合いませんでした。

(ヒーターは人に譲ったのでもう手元にありません)

 

のちに壊れていると判明したエアコンを交換してもらい、

エアコンってこんなに効くものだったのか、、と驚愕しました。

さっさと大家さんに相談していればよかったです。

(でも嫌味言われるからしんどくて、、)

 

鮮明に思い出せるほど、

辛かったです。。

 

とにかく「努力」「我慢」「辛抱」でした。

 

ストレスだし、心身ともに冷え切るし、いいことありませんでした。。

 

今現在の電気代・水道代・ガス代を公開

 

そして、今(12月)の光熱費がこちら。

 

電気代・・・約2500円(7年前から500円増)

水道代・・・約2900円(2ヶ月で5800円)(7年前から1400円増)

ガス代・・・約5000円(7年前から2000円増)

 

ということで、以前よりそれぞれ高くなりました。

 

それを見て、「無駄使い」と思ってしまえば、それまで。

 

ですが、以下の大きな変化がありました。

 

・エアコンは我慢せずつけていい

・湯船は毎日溜めてゆっくり浸かる

・手を洗うのもお湯を使っていい

 

どうですか、、この変化、、!

 

おかげで心も体も穏やかでぽかぽかで、

ノンストレス、です。

 

今と昔で大きく変わったことを、

さらに詳しくお話していきますね。

 

光熱費を美容代・健康維持費と考えるようになった

 

以前の無茶な節約をしていた頃の私はというと、

肌荒れや肩凝り、冷え性がひどくて。

 

特に体の凝りは重症で、一時期マッサージに通っていたほど。

 

今はマッサージに通っていませんが、

そこで出会ったマッサージ師の方に、

湯船につかることをすすめてもらい、試してみたんです。

 

それまで朝のシャワーだけで済ませていた私にとって、

それは結構革命的というか、挑戦というか、投資でした。

(大袈裟なようですが、何せ超絶節約命、だったものですから)

 

それを試した結果。

ひどかった冷え性もだいぶ解消し、

おまけに悩んでいた肌荒れや、毛穴のざらつきも解消。

嘘のようでした。。

 

その後、回数券を使い切り、

マッサージに通うのは卒業しました。

 

親切なマッサージ師さんの助言のおかげで、

人生が変わりました。。

 

光熱費は高くなってしまいましたが、

トータルで月々4000円程度です。

 

マッサージやエステに通うことと比べたら、

全然割安だと感じたし、

自分の体調の変化を実感でき、

もう、全然そのくらいいいや!と思えたんです。

 

上がった差額は「美容代・健康維持費」だなって。

 

光熱費を光熱費として考えるだけではなく、

どういう目的で、何のために使うのか。

それを考えて、意識して使うことが大切と思ってます。

 

それにより、全然意味が違ってきますから。

 

また昔のようなストイックな節約をしようとは一切思わないです。

それでも元気!健康!ならいいけど、

色々不調だった事実がありますから。。

 

そして、今も昔も変わらないのは、

「無駄使いはしない」という意識です。

 

決して、無駄に使っているのではなく、

自分のために、有意義に、意識して使っているので。

今の方が、幸せ度はぐっとアップしたのは確かです。

 

湯船に浸かることは、

冷え性の方、肌荒れに悩んでいる方、体の凝りで悩んでいる方、

疲れが取れない方、よく眠れない方などには、

全力でおすすめしたいです、、!

 

おまけ

 

・・・ちなみに、去年(引越し前)から比べても少し変化があったので、

去年の冬(12月)も載せておきます。

 

電気代・・・約4000円(以前から2000円増)

水道代・・・約2900円(2ヶ月で5800円)(以前から1400円増)

ガス代・・・約3500円(以前から1500円増)

 

水道代は今も去年(旧居)も変わりませんが、

電気代は今年(新居)の方が安く、

ガス代は去年(旧居)の方が高いんです。

 

電気代が安くなったことで思い当たるのは、

・新居は本当に日当たりがよく、暖房使用時間が減った気がする

・湿度が低く、除湿機の使用時間が明らかに減った

(ユニットバスからバストイレ別になったのも大きい)

・炊飯器をやめて、土鍋(炊飯釜)で炊くようになった

 

ガス代が高くなったことで思い当たるのは、

・炊飯器をやめて、土鍋(炊飯釜)で炊くようになった

・バスタブがやや大きくなってお湯をたくさん使っている気がする

(でも水道代が変わらないので謎、、)

 

・・・って感じですかね。。

 

やはり、住む環境が変われば、光熱費のバランスも変わるんだなぁと、

興味深く観察しています、おもしろい。。

 

まとめ

 

ということで。

 

ストイックな光熱費節約時代のお話と共に、

今昔物語をお聞きいただきました。

いかがでしたでしょうか。。

 

光熱費って、住む地域や契約内容、

生活スタイルや方針で全然違うと思うんですが、

いかに自分で納得いく使い方をしているか、

それが大事なポイントだと思うんですよね。

 

昔の私の光熱費の使い方は、

「とにかく安く済ませよう」

とだけ考えていたので、

それによる健康への影響とか、完全無視でした。。

 

おかげで、辛いばっかりで、ちっとも幸せじゃなかった。

 

今は、考え方が全然変わったし、

変われてよかったってすごく思ってます。

 

頑張って節約するのは素晴らしいことです。

でも、それで大切なことを「失って」いるとしたら、

大変なことです。

 

光熱費に限らず、お金や時間の使い方は、

意識して、納得して、使いたいですよね。

 

大変だった頃の気持ちは忘れないし、

忘れたくないけど、

また繰り返したくはない、って思います。

 

それにしても、息が白い部屋、ほんとつらかった、、(遠い目)

 

では、今日もここまでお読みいただき、
ありがとうございます。

 

ポチッと押していただけると、
励みになります!
↓↓↓

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ