まなきのなるようにするさ!

ミニマリストの途中。服飾専門学校卒でアパレル業界勤務経験アリ。洋服のお手入れ、お直し、心や部屋のお掃除の話など徒然。

裾脇ファスナーのパンツ(ズボン)の裾上げ・お直し方法。

また祖母に頼まれたお直しシリーズ。

ちょっと裾上げして、と簡単に言うけれど、

脇にコンシールファスナーがついてるじゃありませんか。。

でも、やりましたとも!

 

関連記事。

manaki.hatenablog.com

 

manaki.hatenablog.com

 

ファスナー付きの裾上げ、ざっくりなやり方

 

まず、どんな裾かと言いますと。

こんな感じで、脇の縫い目にコンシールファスナーがついていて。

f:id:manakiteruko:20180329222816j:plain

 

祖母の愛用しているズボンがほとんどこのタイプなんです。。

(実は2着同時に頼まれたので、もう1着は追って、、)

 

・・・めんどくさい仕様!!!

なぜファスナー!?

と思ったのですが、考えてみたところ、

すごく勉強になった、のが、

 

裾があまり広がっていないし、

さほど伸縮する生地ではないので、

ここがただの縫い目だけだと、

着脱しにくいというか、足が通らない、、

 

なるほど!ってことでした。

 

さて、つべこべ言わずやっていきます。

 

まずは、ほどいていきますが、

この時、いかに「どう縫えば仕上がるか」というのを

確認しながらほどくかが肝です。

 

それと、効率化を図って左右いっぺんにほどかないこと。

というのは私のこだわり。

 

片方を「仕上がりの見本」としてとっておくのです。

ん?ってなったとき、ほどいてない片方を見れば、安心!

 

ということで、ほどけたら、

まずは、仕上がり線にチャコペンで印をつけ(裏に)、

 

(私はチョーク系タイプを最近使ってますが、

 手の汚れない&削らなくていい&消しやすい、

 っていう学生時代からお世話にになってるチャコナー、

 個人的にはおすすめです。。)

 

それに縫い代を足した長さにカットします。

が、

 

ここで、このファスナーごと切ったら大変なので、

(これが面倒なわけです、、)

ファスナーは先にある程度ミシン糸をほどいておいて、

それから生地、そしてファスナーテープ(基布)を適宜カット。

 

で、裾上げはまつり縫いで仕上げますので、

ここで裾線にロックミシンをかけました。

 

できたところがこちら。

f:id:manakiteruko:20180329223344j:plain

 

ある糸で適当にやってくれればいいと言われたし、

表に見えないしってことで、

この濃いグレー系のロックミシン糸が私がかけた部分。

もともとの薄い色のロック糸と比較しやすいですね、、!

 

ここで、裾上げ線に沿ってアイロンで折っておきます。

最後にアイロンかけようとするとやりにくいので。

 

で、お手本のもう片側を確認しながら、

同じように、縫っていきます。

(ざっくりな手順、、)

 

よっこらせ、とひっくり返して、こう。

f:id:manakiteruko:20180329224233j:plain

 

またも濃い色の糸が私の縫ったところ。

安心してください、このミシン糸も、表には見えないのです。

縫い代とファスナーテープしか貫通しておりません。

 

で、ファスナーがびょいんと下まで下りないように、

太めの糸でストッパー代わりに手縫いでチクチク、の図。

 

f:id:manakiteruko:20180329224814j:plain

 

ここで止めると、ファスナートップ(スライダー)込みで、

裾線から下にのぞくことはないので、

絶対に引きずらないし、みっともなくない仕上がりに。

 

そして、製品はルイスと言って、機械でまつり縫いしていきますが、

私は持っていませんので、

せっせと手縫いで裾上げのまつり縫いをしていきます。

表に糸がひびかないように、丁寧に。

 

で、完成ですーーー

こちら!

f:id:manakiteruko:20180329225054j:plain

 

ファスナーを開けて、裏面チラリ。

f:id:manakiteruko:20180329230146j:plain

 

すごく鋭い方しか気づかないと思いますが、

お直し前にあって、お直し後にないものがあります。

 

もう一度、お直し前の画像を。

f:id:manakiteruko:20180329222816j:plain

 

この、表に見えてるミシンの縫い目です。

縦にハの字になっているところ。

 

これが、お直し後にはありません。

 

理由は、ない方が綺麗!って思って。

その代わりに、見えないようにしっかり裏でまつってとめたから。

 

量産ではなるべく手縫いなんてしたくないし、

強度考えたらミシン一択なので当たり前、

だけど、せっかく手で仕上げてるから、ね!

 

(あと、表に見えていいほど、似た色の糸用意してなかったしね、、)

 

ってことで、綺麗に仕上がりましたよー!

やるからにはしっかりやります。

 

もう一度、仕上がり画像。

f:id:manakiteruko:20180329225054j:plain

 

あ、もう1本のズボンはこんな感じで。

 

f:id:manakiteruko:20180329230700j:plain

 

ファスナートップが裾線から飛び出てて気になったので、

裾上げしたときには、せっかくなので飛び出ないようにしましたよー!

 

じゃん!

この通り!!

f:id:manakiteruko:20180329230756j:plain

 

いまいち直したかどうか分かりにくいですが、

裏面もお見せすると、ファスナーも短くなってますーーー

 

裾上げ前がこちらで、

f:id:manakiteruko:20180329230932j:plain

 

裾上げ後がこちら。

f:id:manakiteruko:20180329230940j:plain

 

こだわりというか、、

もともとついていた、ファスナーテープの端の優しさの裏地パーツ

(テープの端がほつれないように?もしくは肌あたりを優しくするために?)

を、ほどいて外して、また同じパーツを使って同じように仕上げたこと。

 

丁寧な仕事は、引き継ぎたいので!

 

ということで、無事、やり遂げました。

 

まとめ

 

正直、

やだなにこれめんどくさいし私に気楽に頼まないでよ、、

と思ったんですけどね、、

でもおばあちゃんの頼みなんでね、、

 

けど、おかげですごく勉強になったし、

我ながら綺麗に出来上がったのでご満悦で、

さらにおばあちゃんがすーごく喜んでくれたので!

「んまぁ!お見事!」って、、!

 

この瞬間が、最高に幸せなときですね。。

苦労が報われます。

 

一見面倒ですが、とりあえず、片方見本があるしと思えば、

お直しも少しハードルが下がると思います。

 

それと、これを一回やると、普通の縫い目だけの裾上げが、

なんてつるんとした裾上げなんだ!と、

今までより楽に感じられます(笑)

 

やってみようと思った方に、

少しでも参考になれば幸いです!

 

根強い人気の靴下お直し記事はこちら。

manaki.hatenablog.com

 

では、今日もここまでお読みいただき、
ありがとうございます。

 

ポチッと押していただけると、
励みになります!
↓↓↓

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ