まなきのなるようにするさ!

ミニマリストの途中。服飾専門学校卒でアパレル業界勤務経験アリ。洋服のお手入れ、お直し、心や部屋のお掃除の話など徒然。

【書評・感想】夢の叶え方を知っていますか?

某ブロガーさんが、

2017年で1番よかったと紹介されていたので、

こちらの本を読んでみました。

 

響いたことや思ったことなど書いて生きます。

 

著者と内容の特徴

 

タイトルからしてワクワクしていたのですが、

著者は私の倍ほど生きてらっしゃる男性で、

頭のよさがバシバシ出ている難しい言葉が多く、

正直ちょっとひるんだ、のですが、、

大丈夫、ちゃんと読めました、理解できました!

 

それと、やっぱり長く生きている方の、

さらに体験談を含むような内容って、

すごくリアルで重みというか、深みがありますね。

 

夢の叶え方を教えてくれるというような、

明るくキラキラした本ではなくて、

夢とは何かというのを改めて考えさせてくれる本。

結構辛口なところもあっておもしろいです。

 

自分の中に眠っている夢をどう掘り起こすか、

そしてそれを実現するためにはどうすればいいのか、

確実に、着実にできる「叶え方」のヒントが書かれています。

 

「自己満足」のイメージが変わった

 

自己満足という言葉が、忌み嫌われているのは、

実に不思議な現象といえる。

満足はそもそも自分でするものであって、

自己満足こそが正当な満足なのである。

 

これ、確かに、、と目から鱗

そう考えたら自己満足ではない満足って、

他社を満足させるために、とか、他社の評価によって満足する、

みたいなことになっちゃってるかも。

 

それは悪いことではないけれど、

自分が幸せじゃないことが多いよなって思った。

 

自己満足ではなく、他者満足?って言ったらいいかな、

それこそが満足、って思ってると苦しいかも。

自分も満足ならいいけど、

そうじゃないことが多い気がする。

 

=自己犠牲的な。

 

自分が満足していない時点で、そうなっちゃってる、って思った。

 

自己満足って言葉が、

一気にスペシャルポジティブワードになったので、

自己満足できる人生を歩みたいってすごく思い始めましたよ。

 

地味に進め、やりすぎないこと。

 

律儀にルール守り、地道に進めていく。(略)

大事なことは、つい熱中して余計にやってしまないことだ。

その日は充実感があっても、翌日は疲れてしまう。(略)

結局進展が遅くなる。

 

ギクリとする。。

 

つい、ノッてきたとか、キリが悪いからとか、ここまでやろうとか、

つい余計にやってしまう私。。

 

しかもやる気が起きにくいからやらないことが多いので、

いざやるとなるとこれで。

 

だから疲れて進展が遅くなる、と。。

耳の痛い話。

 

やっぱりそうだよなー

無茶しても未来から前借りしてるだけっていうか、

後でガクッと疲れたら意味ないもんなー

 

小さくても、コツコツ、着実に、ってやっぱり重要。

 

「とにかくやってみる」

 

「とにかくやってみる」なのだ。(略)

考えていても、わからないことばかりである。

なにしろそれは、あなたにとっては初体験のことであり

あなたが実行するのは、あなた史上世界初なのだ。

類似のものや過去のものは、参考になるけれど、正解ではない。

 

うわぁ。。

 

始めの一歩が苦手で、、

ついあれこれ考えては心配事が膨大になってしまい、

やらずに先延ばししてしまう、というか、

考えて考えすぎてそこに膨大な時間がかかって疲れてしまうことが多い。

 

引き受けた洋服作りの時もそうだった。

あれこれ過去のパターンを見直してみたり、

インターネットで調べてみたり、

すればするほど余計難しく考えて、困難に思えて、

あぁだめだ、無理、、今日はやめよう、パタッ、、

という感じ。

 

でもある日開き直れて行動に移せたときにはやっぱり、

「とにかくやるしかない!」

と、考えるより動いてみることにしたのだった。

そういうことである。

 

と、分かっているのにできないのは何なのか。。

したくないのかも、ってちょっと気づいちゃった。

これ、結構大事なポイントかも。

 

「あなた史上世界初」というキーワードが気に入ったし、

今後何か迷ったら、

「私史上世界初だし分からなくて当たり前。とにかくやってみよう!」

と思うことにする。

 

そして、その私史上世界初をちゃんとこなせちゃったときには、

派手に自分を褒めまくってやろうと思う。

天才!って。

 

・・・たまに思うときあるから、

案外自分は自分を褒められているときもあるのかも。

いいことだ。

 

ほめぐせ、ちょっとはついてきたかも、、?

manaki.hatenablog.com

 

まとめ

 

優しいより厳しい文章が結構あるけど、

ずしりと心に響きます。

 

あれ?夢って思ってたこと、違ったかも、、とか、

夢のためにすべきこと、間違えてた、、とか、

かなり夢について考え直しました。

 

夢が漠然としている人も、

いやいや夢は決まってるしっていう人も、

ちょっと読んでみるとパンチくらった感じになるかと。

いい意味で。

 

では、今日もここまでお読みいただき、
ありがとうございます。

 

ポチッと押していただけると、
励みになります!
↓↓↓

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ